Magic in the Moonlight

原題:Magic in the Moonlight
邦題:マジック・イン・ムーンライト
監督:Woody Allen
製作:2014 (米)

コリン・ファースが演じる偏屈な合理主義者の魔術師が、
偽物霊媒師に恋に落ちる。
ベタな恋愛ストーリー。

登場人物がやたらにお喋りで、
「ウッディ―・アレンぽい」と思ったら、ウッディ―・アレンの作品だった。

見た目お洒落だし、音楽もいいし、e0158616_17473391.jpg
「良き日のホワイティッシュ」なところは良かった。
でも、話の先が読めるし、お喋り過ぎる登場人物に、
正直飽きた。

コリン・ファースでなければ、途中で鑑賞を止めたまま、戻ってきてまでは観なかったな。

[PR]
by sakonia73cinema | 2017-11-22 17:48 | アメリカ+カナダ

La reine Margot

原題:La reine Margot
邦題:王妃マルゴ
監督:Patrice Chéreau
製作:1994(仏)
DVD:王妃マルゴ 無修正版 [DVD]

e0158616_21465864.jpg
移動中の機上にて鑑賞。

カトリックvsプロテスタントの宗教戦争。
ドロドロ、暗い。
血も一杯。
(裸の死体がグテグテと無造作に穴に放り込まれるシーン。
あれは、本当の人間がやったのだろうか。)

内容…重い。

イザベル・アジャーニは、
高校生の頃にSUBWAYで観て、綺麗だなぁ…と感動した覚えがある。
私にとって、「フランス女性」の代名詞的存在。
計算したら、彼女が39歳の時に、
マルゴを演じている…信じられん。

Daniel Auteuilは大好きな俳優で、
出演作を探しては観ている。
この映画には、あまりあっていなかったかもしれないな。
[PR]
by sakonia73cinema | 2011-08-06 21:47 | フランス

Midnight in Paris

e0158616_21325426.jpg
原題:Midnight in Paris
邦題:
監督:Woody Allen
製作:2011(米)
DVD:

移動中の機上にて鑑賞。

のはずが、睡魔に襲われほとんど見ていない。
そのうちDVDで観て感想を改めて書きます。
[PR]
by sakonia73cinema | 2011-08-06 21:33 | アメリカ+カナダ

Love in the Time of Cholera

e0158616_21282830.jpg
原題:Love in the Time of Cholera
邦題:コレラの時代の愛
監督:Mike Newell
製作:2007(米&コロンビア)
DVD:コレラの時代の愛 [DVD]

ハビエル・バルデムが好きだし、
加えて、「コレラ時代」というのも、いろいろと想像力を掻き立てられたので、鑑賞。
期待が大き過ぎたのか、正直、「不発」で終わってしまった感が拭えない。

うーん。
原作は、きっと、いいのだろうなぁっと思う。
でも、決して、映画も悪くはないとも思う。
何が、イマイチなんだろう…。
私の好みではなかっただけかもしれない。
[PR]
by sakonia73cinema | 2010-04-17 21:29 | アメリカ+カナダ
e0158616_14181063.jpg
原題: Ils se marièrent et eurent beaucoup d'enfants
邦題:フレンチなしあわせの見つけ方
監督:Yvan Attal
製作:2004 (仏)
DVD:フレンチなしあわせのみつけ方 [DVD]

ケチャップ等塗り合いシーン。
観た記憶が…。
が、映画の内容を全く覚えていない。
前回は、ピローフィルムになってしまったのだろうか?

質問:なぜ邦題を、『フレンチなしあわせの見つけ方』としたのだろう?
こういうのが、日本人が思い描く一般的な「フレンチ」の「幸せの見つけ方」なのだろうか?

私の拙いフランス語力で直訳すれば、「彼らは結婚して、子供がいました」という、淡々としたタイトル。
映画に出てくるカップルも、「浮気亭主」や「結婚後豹変女房」といった、
何処にでもありそうな結婚生活について…なのかしら?と。

しかし。
これが「何処にでもある結婚生活」であるならば、
結婚に夢を描いちゃいけんなぁ…と、つくづく思った。
(そういう意味で、観なきゃ、良かったと思った。)

ジョニー・デップ。
相変わらず、ハンサムだ。
それに、とっても、変。
ラスト・シーンとか、意味わからん。
こういうの、彼こそ、適役だ。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-12-18 14:21 | フランス

The Luzhin Defence

e0158616_20313066.jpg
原題:The Luzhin Defence
邦題:愛のエチュード
監督:Marleen Gorris
製作:2000(英)
DVD:愛のエチュード [DVD]

ハリウッド的何でもハッピーエンドは好まないが、
この映画に関しては、
無理やりにでも、ハッピーエンドにして欲しかった。

ハッピーエンド…。
エミリー・ワトソン(が演じる役)には、ありえないオチかな。

しかし、やはり、
女性は、天才に惚れるてしまうよなぁ。
(個人的な感想。凡人の憧れ。)

拍手喝采満員御礼!!
といった類の映画では、きっと、ないだろう。
だがしかし、
会話が少ない分、想像力を掻き立てられるし、
感情移入してしまう。

鑑賞後、なんともいえない、切なさと温かさが残る、優しい作品。
とても良い映画だと思う。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-10-25 20:31 | イギリス+アイルランド

Feast of Love

e0158616_23402380.jpg
邦題:ラブ・アペタイザー
原題:Feast of Love
監督:Robert Benton
製作:2007(米)
DVD:Feast of Love [DVD] [Import]

アメリカ好きの人にお勧めの映画。

モーガン・フリーマン様さまの映画。

可もなく不可もなく。
捻りもなく。

あ。でも、それなりに
切ない気持ちになるのかも、しれない。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-12-05 23:55 | アメリカ+カナダ

æ Fond Kiss

e0158616_23543117.jpg
邦題:やさしくキスをして
原題:æ Fond Kiss
監督:Ken Loach
製作:2004(英) 
DVD:やさしくキスをして [DVD]

私はインドに滞在したことがある。
その際、四六時中、
「彼らにとって『家族愛』ってなんやねん?」
と疑問に思っていた。

この映画にもあったように、
「お願い」が「命令」だったり、
「信じている」が「期待している」だったり、
「いい子だ」が「親に服従する限り」だったり。
彼らの言うところの「無償の愛」とは何ぞよ?

この映画はフィクションだと思う。

何はさておき(?)、
カシム(Atta Yaqub)はハンサムだ。
グラスゴー訛りのパキスタン系スコティッシュ。
設定が(私には)珍しくて面白かった。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-11-29 00:08 | イギリス+アイルランド

Eden

e0158616_2444090.jpg
邦題:厨房で逢いましょう
原題:Eden
監督:Michael Hofmann
製作:2006 (独)
DVD:厨房で逢いましょう

不思議な風味の映画だ。
コミカルなのかシリアスなのか、激しいのか静かなのか、
意味深なのか意味浅なのか、
綺麗なのかグロテスクなのか。
彼の料理と同じ。
食べたい気がするような食べたくないような。

その独特の雰囲気は他にはないもの。
そういう意味では、面白い。

小コメント:
旦那さんが気の毒かも。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-11-15 02:45 | ドイツ+オーストリア

Italiensk for begyndere

e0158616_0455070.jpg
邦題:幸せになるためのイタリア語講座
原題:Italiensk for begyndere (英:Italian for Beginners)
監督:Lone Scherfig
製作:2000(デンマーク)
DVD:幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版

なんて温かくって可愛らしい映画なんだろう。
日常のありふれた風景と人間模様。
なのに、とても味があって雰囲気がある。

特に、牧師さん役のAnders W. Berthelsen氏。
優しそ~で、彼の顔を見ているだけで幸せな気分になってしまった。

映画のタイトルを文字れば、
幸せな気分になるための映画。

デンマークの映画って、本当に良い。大好き。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-11-14 00:51 | デンマーク