今宵は宴なり。


by sakonia73cinema

タグ:お涙。 ( 36 ) タグの人気記事

Still Alice

原題:Still Alicee0158616_18465286.jpg
邦題:アリスのままで
監督:RichardGlatzer, Wash Westmoreland
製作:2014(米)

若年性アルツハイマーが発症した言語学者とその家族が題材。
淡々と描かれている。
その分、重い。
そして、美しい。

作品の中間あたりだろうか、
主人公のアリスが、蛍光ペンで字面を追いながらのスピーチが心を打つ。

記憶を失い、言葉を失っても、
感情は残る。
そんなことを示唆するラストシーンは、
ジーンと心が温かくなる一方、考えさせられた。

ジュリアン・ムーア。
本当にいい女優さんだわー。

[PR]
by sakonia73cinema | 2018-05-23 18:47 | アメリカ+カナダ

The good lie

原題:The good liee0158616_21251106.jpg
邦題:グッド・ライ~いちばん優しい嘘
監督:Philippe Falardeau

製作:2014(加)

「洋画」「ドラマ」をキーワードに「軽め」の映画を探していた。
タイトルが『グッドライ』だし、
カバーが西欧人女性の俳優がボーンと載っているし、
探している映画に適当かと思って、鑑賞し始めた。

鑑賞し始めたところ、アフリカのシーン。
クリックし間違えたのかな?と確認したところ『グッドライ』に間違いない。
どうやら南スーダンの話。
スーダンに関心があるので見続けていたら、
スーダン内戦難民を扱っているということがわかる。

ドキュメンタリーではなく、映画なので脚色している部分があることはわかるが、
それでも、十分に重かった。
(逆に、ドキュメンタリー映画だったら辛くて見続けることが出来なかったもしれない。)
とはいえ、鑑賞後の現在、
俳優たちは実際、難民だったり少年兵だった過去があると知り、
改めて重いものを感じている。

根底には、家族愛や、見知らぬ人をつなぐ人間的な優しさが描かれていて、
鑑賞後には、ほっこりする。
そこらへんは、(アメリカではなく)カナダの映画だからかもしれない。
(この監督の映画(ラザール先生だっけ?)もお薦め。)

[PR]
by sakonia73cinema | 2018-05-22 21:25 | アメリカ+カナダ

Collateral Beauty

原題:Collateral Beautye0158616_18364241.jpg
邦題:素晴らしきかな、人生
監督:David Frankel

製作:2016(米)


移動中の機上にて鑑賞。

ビジネス界で大成功していたハワードが、
娘の死に打ちのめされ、人間界と縁を断つ。
立ち直ってもらおうと、同僚が「芝居」を打つ。

「死」「時間」「愛」をキーワードにしていたハワードが、
この3つのキーワードに直面する。

面白いプロット。
でも、粗いなーっと思わざるを得なかった。
配役が違っていれば、面白かったかも。
HelenMirrenしか印象に残っていない。)

[PR]
by sakonia73cinema | 2017-09-13 18:29 | アメリカ+カナダ

Dialogue avec mon jardinier

e0158616_23523724.jpg
原題:Dialogue avec mon jardinier
邦題:画家と庭師とカンパーニュ
監督:Jean Becker
製作:2007 (仏)
DVD:画家と庭師とカンパーニュ [DVD]

前日に観た同監督Jean Beckerの別の作品 Effroyables jardins
余りにも良かったので、続けてこの作品を鑑賞。
物凄く大きな期待に応えてくれた。

Effroyables jardinsもそうだったが、テーマの一つは「友情」。
男同士の友情って、いいなぁっと、つくづく思った。

コントラストは「都会」と「田舎」なのだろうが、
「今」と「昔」でもあるのかしら?と思った。
家族や自然、音楽を愛し、素朴であることに重きを置く「古き良き」フランス人。
庭師は、それを象徴していたのかな?っと。

視的にも詩的で美しい。
こんな素敵な映画に出逢えたことに感謝。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-11-13 23:55 | フランス

Effroyables Jardins

e0158616_104161.jpg
原題:Effroyables Jardins
邦題:ピエロの赤い鼻
監督:Jean Becker
製作:2003 (仏)
DVD:ピエロの赤い鼻 [DVD]

ヴィクトール・E・フランクルが『夜と霧』の中で、
「どんな過酷な状況にも、笑いがあった」といった節を言っていたことを
何度も思い出しながら、鑑賞。

メイキングを観るとわかるように、
監督は、重い内容を重々しく描きたくなかったらしい。
涙が、ポロリ、ポロリと出るのだが、
何故か、清々しい後味がある。
それは、悲惨な状況に、笑いがあるから。
友人を決して疑わないから。
人間性を失うよりも、死を選ぶから。
だと、思う。

心から、「じーん」とした。

フランス映画の描く「人間」は、温かくて切ない。可愛らしい。
その王道を行く映画だと思った。

メイキングも併せて観ることをお勧めする。
俳優さんたちを、更に好きになることウケオイ。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-11-12 01:01 | フランス

Far from Heaven

e0158616_0135170.jpg
邦題:エデンより彼方に
原題:Far from Heaven
監督:Todd Haynes
製作:2002 (米)
DVD:エデンより彼方に

セツナイ…。

ホモセクシャルは病気扱い。
黒人と白人の恋愛/友情関係はご法度。
村のモラル違反は村八分。
はぁ。

綺麗で寛容で男性を立てるキャサリーン。
妻としても、母親としても、最高なのでは?
こんな凛とした女性になりたいものだ。
(夫がゲイは避けたいが。)

因みに、視的にも楽しめる映画。
衣装が素敵。
紅葉も素晴らしい。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-12-20 00:14 | アメリカ+カナダ

The Bucket List

e0158616_22543066.jpg
邦題:最高の人生の見つけ方
原題:The Bucket List
監督:Rob Reiner
製作:2007 (米)
DVD:最高の人生の見つけ方

ジャック・ニコルソンが怖くて怖くて仕方がないのだけれど、
この映画では、
ジャック・ニコルソンが可愛くて可愛くて仕方がなかった。

ラスト・シーン。
That's wonderful.
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-12-18 22:54 | アメリカ+カナダ
e0158616_132518.jpg
邦題:ライフ・イズ・ミラクル
原題:Живот је чудо, Život je čudo (英:Life Is a Miracle)
監督:Emir Kusturica
製作:2004(セルビア)
DVD:ライフ・イズ・ミラクル

Emir Kusturica監督の作品は、
本当にイイ!!!

戦争の物悲しさと滑稽さ。
悲惨な非日常に起こる、
親子愛や運命的な出会いといった、
日常の出来事。
それらが町内音楽隊の調べと共に。

本当に良い映画。
動物達、特にロバの演技力が抜群。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-11-25 01:11 | 東欧

ゾフィー・ショル

e0151802_0241651.jpg
邦題:白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々
原題:Sophie Scholl - Die letzten Tage
監督:Marc Rothemund
製作:2005 (独)
DVD:白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々-

ゾフィー・ショルの存在が気になっていた。
やっと観ることができた。

胸にズンと来る多くの言葉。例えば…
「強い精神と優しい心」
「人間に(ナチの)法はいらない。良心があるから。」

法廷に乗り込んで来た両親の言葉で、もう号泣(ゾフィーではなく、私)。
「正義は死なない。」

「ナチ時代、何が人々を狂気に駆り立てたのか?」
に興味があり、そのテーマの映画を観てきている。
わかったことは、
ドイツの勝利やヒットラーの戦略・残虐行為に対して、
人々は、これでいいのだろうか?と
内心では思っていたということ。
(ヒットラーも含めて。)

ラストシーンの、空から降るビラに救われる。
ゾフィー、お兄さん、その他白バラの人々の死。
「殉教」なんだろうな。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-11-04 16:05 | ドイツ+オーストリア

4分間のピアニスト

e0151802_1037418.jpg
邦題:4分間のピアニスト
原題:Vier Minuten
監督:Chris Kraus
製作:2006 独
DVD: 4分間のピアニスト

全ての人物に影がある。
音楽を通して心を開いていく。
こう書くと月並みになってしまうけれど、
映画は違う。
私は、ラスト・シーンで大泣きした。

ピアノの先生であるおばちゃんの
真っ直ぐさ。
なんとも言えない。

他のレヴュアーの評価はそれほど良くないが、
私は、私のベスト10に入る作品。
とても感動した。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-10-10 16:06 | ドイツ+オーストリア