今宵は宴なり。


by sakonia73cinema

<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Biutiful

e0158616_5332714.jpg
原題:Biutiful
邦題:ビューティフル
監督:Alejandro González Iñárritu
製作:2010(墨)
DVD:Biutiful [Italian Edition]

バルセロナの裏社会に生きる主人公は末期癌。
妻は躁鬱。(きっと子供に暴力を振るうので)別居。
彼は二人の子供と住む。
偽ブランドバッグを作る中国人雇用者と工場労働者。
その偽ブランドバッグを売る黒人たち。
汚いお金と嘘ばかり。
そんな中、
主人公は子供に惜しみなく愛情を父親であり、
工場労働者の中国人や闇業者の黒人とその家族を思いやる。

誰もが精一杯。誰のことも責めらる必要もない。
深い人間のストーリーが描かれているのだと思う。

監督は『バベル』の監督だとか。
私は、『バベル』を見ていて気持ち悪くなった(映像に船酔いした感じ)ので、
あまり良い印象がなかったのだけれど、
この映画は良かった。
久々に、思いっきり泣くことができた。

お奨め。
[PR]
by sakonia73cinema | 2014-02-24 05:33 | メキシコ

Quand la mer monte...

e0158616_553780.jpg
原題:Quand la mer monte...
邦題:
監督:Yolande Moreau, Gilles Porte
製作:2004(ベルギー)
DVD:

コメディアンの女性(恐らく54歳)。
一人巡業の、少々寂しい日々を送っていた。
路上で車の調子が悪くなり困っていたところ、
通りかかったバイクの男性に助けられる。
その男性が、彼女に「なつく」。
恋愛に臆病なのか、人を簡単に信じられないのか、
二人は親密になるものの、恋愛には至らない。
(その距離感が良い。)
恋愛に至った後も、彼女はどこか完全には二人の関係に自信が持てない(様子)。
(これまた、その距離感が良い。)
でも、最後は、ハッピーエンドなのかな?

ホストファミリーの娘さんが、
撮影のクルーだったらしく鑑賞した映画。
(彼女は映像関係担当で、撮影場所選択の責任者だったとか。)
DVDのカバーがあまり魅力的でなかったせいか、
去年の夏に貸してもらっていたのを今日見た。
早く見ればよかった…。

とても良質のラブコメディ(コメディなのかな?)。
[PR]
by sakonia73cinema | 2014-02-24 05:06 | フランス
e0158616_4402368.jpg
原題:Déchets: le cauchemar du nucléaire
邦題:
監督:
製作:2009年(仏)
YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=x9Odwlv5uSA

驚くべき事実と映像。

放射能廃棄物を海洋に捨てるのが当たり前だった昔。
アメリカ、ロシア、フランスで原子力発電に関連する
事故や廃棄物や…(何か)で、汚染されている。

ドキュメンタリーが制作されたのは2009年なので、
2011年3月11日以降の東京電力による福島第一原発の事故は
とりあげられていない。
このドキュメンタリーに現状が分析され、日本の放射能汚染の事実を知りたい。
(2009年に日本でも見られたら自体は違った?変わらなかったか。)
[PR]
by sakonia73cinema | 2014-02-24 04:44 | フランス

Tous ensemble

e0158616_4201278.jpg
原題:Tous ensemble
邦題:
監督:
製作:2011(仏)
DVD:

(フランス語字幕なし音声のみで鑑賞。フランス語力に自信があるわけではなく、
以下の内容が正しいかどうかかなり怪しい。このレビューは私自身のメモとして残します。)

2009年。
アメリカ資本の会社(ダンロップ、GoodYear、Molex)が
フランスの工場を封鎖した。被雇用者は職を失った。
彼らは行動を起こす。
パリで大規模なデモンストレーション(ラリー)をしたり、
工場の前で抗議活動(をしたり。
被雇用者の権利と処遇改善を求め、まとめ役として政府と交渉する、
CGT(連合のようなもの?)が媒介となる。

しかし、いろいろな問題が立ちはだかる。
雇用者はアメリカ。
政府(当時はサルコジ大統領¡)は「景気回復を優先するべき」路線(アメリカに迎合)。
外資系と国内資本系との折り合いの悪さ。
CGTと、類似組織との確執。

フランスの労働運動。
警備隊(警察)に、たまごや小麦粉、爆竹を投げつける。
労働者側も警備隊側も、お互い、これは政府に届ける「パフォーマンス」だと暗黙の了解。
タイヤを転がして行進…は、ユーモラスな印象を受けたけれど、
それが、労働者たちの疲労と落胆と比例して過激化していく…。
「交渉のみが唯一の解決」と信じるCGTとの歩みも危うくなる。
そんなに簡単に、良くなるわけではない。
などなど、いろいろと学んだ。

サルコジ大統領が去った理由も、
これを見るとわかる。
[PR]
by sakonia73cinema | 2014-02-24 04:22 | フランス

Zavet

e0158616_442556.jpg
原題:Zavet(仏題:Promets-moi)
邦題:ウェディング・ベルを鳴らせ!
監督:Emir Kusturica
製作:2007 (仏?)
DVD:ウェディング・ベルを鳴らせ! [DVD]

映画監督Emir Kusturica大好き。
ということで、図書館にあった限られたDVDに彼の作品を見つけたので
迷わず借りて、鑑賞。

面白かった。
ストーリーは、いたって簡単。
田舎の青年(少年か?)が、学校が閉鎖されたこともあり、
都会に出て、祖父との約束通り、奥さんを見つける…という話。
それだけと言えば、それだけなんだけれど、
全く、飽きることなく、鑑賞。

出演者のキャラクターが、演技がいいのかな?
(Eric Elmosninoは、Emir監督の映画に無くてはならない俳優…彼が良い。)

音楽がいいのかな。
(東欧のブラス…?)

面白い。とにかく、他に見ない。
[PR]
by sakonia73cinema | 2014-02-23 04:44 | 東欧

Flandres

e0158616_3422617.jpg
原題:Flandres
邦題:フランドル
監督:Bruno Dumont
製作:2006(仏)
DVD:フランドル [DVD]

2006年カンヌ映画祭の審査員グランプリ作品。
サブタイトル無しフランス語だけで鑑賞したけれど、
内容は理解できたと思う。
(それだけ描写的ということだと思う。)

現実のどろどろどろどろどろ…。

他の方のレビューを見てもわかるけれど、
好きな人と嫌いな人に、くっきり分かれる映画なのかもしれない。
(日本人の傾向は、「好き」らしい。)
[PR]
by sakonia73cinema | 2014-02-11 03:50 | フランス

A Clockwork Orange

e0158616_9311989.jpg
原題:A Clockwork Orange
邦題:時計仕掛けのオレンジ
監督:Stanley Kubrick
製作:1971(米)
DVD:時計じかけのオレンジ [Blu-ray]

全て「優」。
映画のタイトル(原作のタイトル)が、まず、良い。
邦題(そのまま訳)にしたって、良い。

ずっと気になっていた映画。
元同僚に、原作を読むように勧められてから、
ますます、気になっていた映画。
漸く鑑賞できて嬉しい。

1971年に作られたとは思えないほど、
斬新。
普遍のテーマを扱っているということなのか、
その当時に予想した未来が現在なのか、
その当時の現実が現在も現実なのか。
…それが、Clockworkということ?
(作者は、どこからこのタイトルを思いついたんだろう?)

衣装だって斬新。
古くない。新しい。

こういう映画を観ると、
「毎日映画1本観たい」衝動に駆られるのよね。
(久しぶりにキューブリックのDr. Strangeloveも観たい。)
[PR]
by sakonia73cinema | 2014-02-09 09:32 | アメリカ+カナダ

Amen.

e0158616_932141.jpg
原題:Amen.
邦題:
監督:Costa-Gavras
製作:2002(米)
DVD:Amen. [DVD] [Import]

かなり重い。
(ホロコーストをテーマにしたもの。重くないはずがない。)

Kurt Gersteinは、きれいな水を提供する衛生管理者としてSSに抜擢される。
しかし、実際には、「きれいな水システム」は、ユダヤ人を大量虐殺する
ガス・システムとして利用されてしまう。
何とか阻止しようとする過程で、
イエズス会の若き神父リカルドと出会う。
リカルド自身も、何とかユダヤ人虐殺を阻止するため、
ドイツとローマを往復し情報を集め、
ローマ法王に掛け合う…が、上手くいかず。

二人の最期。
虐殺を推進したSS医者はドイツ敗戦を前にバチカンを通して、
アルゼンチンへ逃げる。
不条理この上ない。

リカルドは架空の人物らしいが、
Kurtは、実際に存在していたらしい。

それ以外の感想。
映画は英語で制作されている。
ドイツ語風英語、イタリア語風英語、と工夫されている。
(それが良いのか悪いのかは、好みの問題。)
[PR]
by sakonia73cinema | 2014-02-09 09:06 | アメリカ+カナダ