<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Knocked Up

e0158616_9151873.jpg
原題:Knocked Up
邦題:無ケーカクの命中男/ノック トアップ
監督:Judd Apatow
製作:2007(米)
DVD:無ケーカクの命中男/ノックトアップ [DVD]

移動中の機上にて鑑賞。

それにしても、邦題。
『無ケーカクの命中男/ノック トアップ』
座布団10枚!
素晴らしい!そのままやん。
原題より邦題の方が「言い当てて妙」なことは、まぁ、ない。
これを思いついた人、アンタはエライ!!
[PR]
by sakonia73cinema | 2013-07-07 09:14 | アメリカ+カナダ

Inglourious Basterds

e0158616_92681.jpg
原題:Inglourious Basterds
邦題:イングロリアス・バスターズ
監督:Quentin Tarantino
製作:2009 (米)
DVD:イングロリアス・バスターズ [DVD]

移動中の機上にて鑑賞。

とっても、タランティーノな映画だと思う。
目と耳を覆いたくなるグロテスクさ。
(ドイツ語の部分、字幕をほとんど追えなかった。早過ぎ!)
やらたに発言の多い、それも早口の、登場人物。
事実と思うぐらい具体的なファンタジー。
ストレートなメッセージ。
それだけにストレートに脳裏に焼き付く。
タランティーノの映画は、生理的に嫌いだけれど、気になって見ざるを得ない。
そんな感じ。

ナチを題材に、
こういう作品が出来上がる。
っというのも、衝撃的。

もう一回、きちんと観たいな。
ドイツ語の部分、いちいち、ストップかけながら字幕を読む。
[PR]
by sakonia73cinema | 2013-07-07 09:01 | アメリカ+カナダ

Down with Love

e0158616_8391567.jpg
原題:Down with Love
邦題:恋は邪魔者
監督:Peyton Reed
製作:2003 (米)
DVD:恋は邪魔者 (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]

移動中の機上にて鑑賞。

面白かった。
誰でも先が読める、ラブ・コメディーなのだろうけれど、
しかし、飽きずに、鑑賞できる。
その理由の一つに、可愛らしい華やかな「衣装」があると思うな。

因みに本作品。
タイ航空の機内エンターテイメント映画において、
「乗客が選ぶ映画」の一つに選ばれている。
[PR]
by sakonia73cinema | 2013-07-07 08:38 | アメリカ+カナダ

The Prestige

e0158616_825123.jpg
原題:The Prestige
邦題:プレステージ
監督:Christopher Nolan
製作:2006(米)
DVD:プレステージ [Blu-ray]

移動中の機上にて鑑賞。

二人の魔術師(マジシャン)はライバル同士。
競争心やら嫉妬心やらが入り乱れ、
「えぇぇ、そういう展開?」という事態になる。

面白かった。
(何よりも、Hugh Jackmanが主演だしね。)
[PR]
by sakonia73cinema | 2013-07-07 08:25 | アメリカ+カナダ

Amour

e0158616_7492880.jpg
原題:Amour
邦題:愛、アムール
監督:Michael Haneke
製作:2012(仏)
DVD:愛、アムール [DVD]

移動中の機上にて鑑賞。

年老いたカップル。
二人暮らし。
娘は娘で問題を抱えていて、両親の面倒をみることができない(或いはしない)。

えー、そういう展開?
と驚いた。
「フランスではあり得ないこと」と、私は思い込んでいたから。
でも、実際には、いろいろなところで起きている現実なんだろう。

美しい、一方、重い映画。
[PR]
by sakonia73cinema | 2013-07-07 07:49 | フランス

Identity Thief

e0158616_7314844.jpg
原題:Identity Thief
邦題:
監督:Seth Gordon
製作:2013(米)
DVD:Identity Thief [DVD] [Import]

移動中の機上にて鑑賞。

飛行機の中で観るのに適当。
(音が良く聞こえなくても、目で見て内容がわかる。)
面白かった。けれど、きっとそのうち何が面白かったのかとか
内容を忘れてしまうと思う。
[PR]
by sakonia73cinema | 2013-07-07 07:32 | アメリカ+カナダ

Promised Land

e0158616_7232924.jpg
原題:Promised Land
邦題:
監督:Gus Van Sant
製作:2012(米)
DVD:Promised Land [DVD] [Import]

移動中の機上にて鑑賞。

マット・デュモン演じるガス会社職員は、
ある地域の地下に眠るガスが採掘できるよう、地元民を説得しようとする。
そこに環境保護キャンペーン人が現れ…。

こういった内容の映画を、
こういった問題が実際に起きているだろうアメリカで、
作ってしまう。
そこらへん、アメリカ人は凄い。
(実際、この映画は、エネルギー業界からいろいろと言われているらしい。)
[PR]
by sakonia73cinema | 2013-07-07 07:20 | アメリカ+カナダ

Side Effect

e0158616_724790.jpg
原題:Side Effect
邦題:サイド・エフェクツ
監督:Steven Soderbergh
製作:2013 (米)
DVD:Side Effects [DVD] [Import]

移動中の機上にて鑑賞。

面白かった。
Jude Lawが演じる精神科医がかなり怪しい雰囲気を醸し出していたので、
そうそう、彼が犯人なんじゃない?と思わせる。
が、しかし。
サイコものは、先が読めないものじゃなくっちゃ、ね。

ということで、面白かった。
[PR]
by sakonia73cinema | 2013-07-07 07:02 | アメリカ+カナダ

Les Misérables

e0158616_62847.jpg
原題:Les Misérables
邦題:レミゼラブル
監督:Tom Hooper
製作:2012(英)
DVD:Les Misérables レミゼラブル

移動中の機上にて鑑賞。

無茶苦茶、感動した。
ミュージカル仕立ての映画だというのに、飛行機の中だというのに、
涙が止めどなく流れた(で、困った…人目があるから、ね。)

実を言うと、ロンドンでミュージカルのLes Misérables を観たことがある。
若い頃『ああ、非情(=Les Misérables )』を読んで感動した、という母が来たときに、
母のために、ミュージカルを観に行った。
が、しかし。二人とも居眠りしてしまった。
ハードな観光スケジュールのせいもあったけれど、題材が(その頃の私には)難し過ぎた。
そんなこともあって、「映画もどうなの?」と思っていた。

しかーし!!
この映画は素晴らしかった。
その映画の原著のビクトル・ユーゴ―という人物。
映画を観て涙を流している間も、彼の巨人さをずっと思っていた。
最後のシーン。
「あ、だから私は、フランスに行きたい!と思ったんだ」と思い出した。

私はRussell Crowe好き。
何故なら、彼は、心理的に複雑な人物を巧みに演じるから。
この作品でも、うーん…と重い気持ちにならざるを得ない役を演じている。

そして、ジャン・バルジャン役を演じたHugh Jackman。
素敵過ぎる。
久々に、俳優さんに心トキメイテシマッタ。
彼の映画はできるだけ観ようと思う。
(というのことで、復路に'The prestige'を鑑賞…これまた面白かった。)

とにかく。
ビクトル・ユーゴよ。
フランスよ。
現在のフランスはどうあれ、ユーゴの時代を経たわけで。
魅力的なのには変わりがない。

…と、改めて思った映画でした。
秀作。異議なし!
[PR]
by sakonia73cinema | 2013-07-07 06:28 | イギリス+アイルランド