<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

War Child

原題:War Child
邦題:ウォー・チャイルド
監督:Christian Karim Chrobog
製作:2008(米)
DVD:http://www.imdb.com/title/tt1172222/

冒頭のエマニュエル・ジャルの詩(歌詞)で涙が出た。
強烈。

レヴューでこのドキュメンタリーの価値を下げたくない。

ただ、全ての人が観てほしい。
[PR]
by sakonia73cinema | 2011-10-30 01:20 | アメリカ+カナダ

Welcome

e0158616_0191572.jpg
原題:Welcome
邦題:君を想って海を行く
監督:Philippe Lioret
製作:2009(仏)
DVD:君を想って海をゆく [DVD]

UNHCRの「ヒューマン・シネマ・フェスティバル」supported by AEONにて鑑賞。

クルド人のビラルが恋人に会うために
3か月の徒歩の旅(途中、トルコ兵に拘束され、8日間、顔に袋を被される)を経てフランスのカレへ。
海峡を泳いで渡ろうと、
元金メダル選手のシモンにクロールを習う。

難民に関心を特に持たなかったシモンがビラルを通して、
考えが変わっていく。行動が変わっていく。

緒方貞子氏のメッセージにあるように、
「難民はかわいそうな人というよりも、尊厳をもって生きる権利のある人間である」ことを
シモンはビラルを通して確信していく。

UNHCRで取り上げる映画だから社会に対してのメッセージ力があるのは
当然だと思う。
エンターテイメントとしての映画としての魅力もたっぷりある。
(久々に、フランス映画を観た!とも思った。)

絶対に観るべき映画。

クルド人のことも、勉強しないと。

原題が WELCOMEなんだよね。
皮肉だ。
Global Citizenship を求める
[PR]
by sakonia73cinema | 2011-10-30 00:19 | フランス