<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Sweet & Lowdown

e0158616_2351817.jpg
原題:Sweet & Lowdown
邦題:ギター弾きの恋
監督:Woody Allen
製作:1999(米)
DVD:ギター弾きの恋 [DVD]

真っ直ぐで、可愛らしい、ドジな天才男の切ない(恋)物語。

ウッディー・アレンが「変だ」という人なんだから、
エメットは、余程、面白かったのだろう。
「俺は、天才だ。ジャンコの次にな。」というのがエメットの口癖のようだ。
自惚れ屋なんだか、謙遜人なのか?

ウッディー・アレンの映画は、総じて、好き。
だけれど、「星5つ!!」と歓喜するような作品には会ったことがないような?
この'Sweet & Lowdown'は、本当に面白かった。
ショーン・ペンが、その大部分の理由だな。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-11-20 23:51 | アメリカ+カナダ

Easy Rider

e0158616_23303293.jpg
原題:Easy Rider
邦題:イージー・ライダー
監督:Dennis Hopper
製作:1969 (米)
DVD:イージー★ライダー [DVD]

ジャック・ニコルソン恐怖症。
ロード・ムービーは、どうも合わない。
そういう訳で、よく耳にするけれど、観る気力が起きなかった映画。
ある友人に、「観たことがないの?」と驚かれて、
どうやら、観ていた方がいいようだぞっと思い、観てみた。
(前置きが長い。)

ヒッピー時代のアメリカでも、
「自由」を生きるのが、こんなに大変だったとは。
一皮向けば、保守的田舎モン。
などなど、いろいろと考えさせられてしまった。
(消化するのに、数日かかっている。)

ジャック・ニコルソンの顔は、やはり怖かった。
でも、彼は、やはり光っていた。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-11-18 18:10 | アメリカ+カナダ

The Holiday

e0158616_1855053.jpg
原題:The Holiday
邦題:ホリデイ
監督:Nancy Meyers
製作:2006
DVD:ホリデイ [DVD]

こういうラブ・コメディーはイイ。
単純に、単純でイイ。

Cameron Diazはキュートだし、
Jude Lawは、カッコエエし(ああいう顔のイギリス人に会いたいものだ)。

マイルス役の人、カエル顔。
「人って、魚顔とか鳥顔とかあるけれど、カエル顔もあるんだ。」と思ってみていたら、
Jude LawもCameron Diazもカエル顔に見えてきた。
そういう点で、彼は残念。
(なんじゃ、そりゃ?どーでもいい感想でした。)
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-11-16 17:55 | アメリカ+カナダ

Dialogue avec mon jardinier

e0158616_23523724.jpg
原題:Dialogue avec mon jardinier
邦題:画家と庭師とカンパーニュ
監督:Jean Becker
製作:2007 (仏)
DVD:画家と庭師とカンパーニュ [DVD]

前日に観た同監督Jean Beckerの別の作品 Effroyables jardins
余りにも良かったので、続けてこの作品を鑑賞。
物凄く大きな期待に応えてくれた。

Effroyables jardinsもそうだったが、テーマの一つは「友情」。
男同士の友情って、いいなぁっと、つくづく思った。

コントラストは「都会」と「田舎」なのだろうが、
「今」と「昔」でもあるのかしら?と思った。
家族や自然、音楽を愛し、素朴であることに重きを置く「古き良き」フランス人。
庭師は、それを象徴していたのかな?っと。

視的にも詩的で美しい。
こんな素敵な映画に出逢えたことに感謝。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-11-13 23:55 | フランス

Effroyables Jardins

e0158616_104161.jpg
原題:Effroyables Jardins
邦題:ピエロの赤い鼻
監督:Jean Becker
製作:2003 (仏)
DVD:ピエロの赤い鼻 [DVD]

ヴィクトール・E・フランクルが『夜と霧』の中で、
「どんな過酷な状況にも、笑いがあった」といった節を言っていたことを
何度も思い出しながら、鑑賞。

メイキングを観るとわかるように、
監督は、重い内容を重々しく描きたくなかったらしい。
涙が、ポロリ、ポロリと出るのだが、
何故か、清々しい後味がある。
それは、悲惨な状況に、笑いがあるから。
友人を決して疑わないから。
人間性を失うよりも、死を選ぶから。
だと、思う。

心から、「じーん」とした。

フランス映画の描く「人間」は、温かくて切ない。可愛らしい。
その王道を行く映画だと思った。

メイキングも併せて観ることをお勧めする。
俳優さんたちを、更に好きになることウケオイ。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-11-12 01:01 | フランス