<   2006年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

SiCKO

e0158616_2244294.jpg
邦題:シッコ
原題:SiCKO
監督:2007(米)
製作:シッコ

マイケル・ムーアのSiCKOをSFの映画館で観た。

アメリカには国民保険がない。
皆、生命保険を自分で負担しないといけない。
(貧乏人は保険に入れない。)
いざ、怪我をしたり病気をしたとき、
そのかけていた保険は当てにできない。
(医療費が借金になる。)

ムーアは、カナダ、イギリス、フランス、
そして、仮想敵国とされてきたキューバに行き、
いかに国民保険によって、国民の生活が安定しているかを
報告する。
ムーアのドキュメンタリー映画らしく、ユーモアたっぷり。
それに、いろいろな視点から「事実」を追う。
(社会主義医療とは?薬剤会社と保険会社、政治家の繋がりなど。)


アメリカに来て、「本当に病気になれないなぁ」
と思う。
イギリスにいたときは、気軽に病院へ行けた。
(イギリスで勉強している学生ということで、医療費はタダ。)

現在、とれかけの歯でどうに毎日を暮らしている。
イギリスのように、国民保険はないし。
私の保険は歯科をカバーしていない。
(もし、保険なしで行くと1000円ぐらいの治療が100万円ぐらいになるらしい。)

劇場でこの映画をアメリカ人観客と一緒に観たわけだが、
彼らの自己批判の姿も見ることができた。
(日本の自己批判と違う。)

いろいろなこと、考えさせられた。

お勧めのドキュメンタリー映画です。
[PR]
by sakonia73cinema | 2006-07-01 22:00 | アメリカ+カナダ