今宵は宴なり。


by sakonia73cinema

カテゴリ:スウェーデン( 16 )

Into Eternity

e0158616_2212689.jpg
原題:Into Eternity
邦題:100000年後の安全
監督:Michael Madsen
製作:フィンランド、デンマーク、スウェーデン、イタリア
DVD:100,000年後の安全 [DVD]

2011年3月11日の東日本大震災が起きる。
福島第一原発が制御不可能に陥る。
それを受けて、原発の危険さ恐ろしさを身に染みて感じているとき、
アップリンクで急遽上映されたドキュメンタリー作品。
当時は、大震災絡みで余りにも忙しくて、観に行く時間がなかった。

ずっと気になっていたドキュメンタリーを鑑賞することにした。

フィンランドに建設中の放射能廃棄物処理施設。
地下奥底に廃棄物を置き、「誰も触れてはならない」「近寄ってはいけない」とする。
10万年後まで、誰の手にも触られないことを願って穴を掘る。

現在の世の中で、きっと、責任感がある国民性のイメージが強い北欧でも、
こうするしかないんだ…と残念に思った。
同時に、やはり原発は止めるべきだと思った。

その他、原発に関係ない感想をメモ:

①過去10万年前と将来10万年は同じではないのでは?
作品中、「10万年の人類(アウストラロピテクス?)を理解できないように、
10万年の人類が私たちを理解できるはずはない」という前提があり、いろいろ対策を練られている。
が、しかし。
10万年前と今は違う。文字がある。
それを考慮せず、10万年後の人類(あるいは違う生物体)は、私たちを理解する術を持たないとするのは
どうなのかな?と思った。

②欧州のドキュメンタリーは芸術的。
ドキュメンタリーは、単なる記録ではなく、一つの芸術作品になっている。
感情移入できて、よろし。
[PR]
by sakonia73cinema | 2015-02-22 22:01 | スウェーデン

Du levande

e0158616_21232899.jpg
邦題:愛おしき隣人
原題:Du levande (英:You, the Living)
監督:Roy Andersson
製作:2007 (スウェーデン)
DVD:愛おしき隣人 [DVD]

「ラスト・オーダー。明日もあるから。」
わかるような、わからないような。

陽のあたる日々が少ない北欧ならではの
ユーモアなんだろう。
独特だ…。

特に面白かったのは、精神科医の嘆き。
「私は、身も心もボロボロ。
人間は『足りる』を知らない。
貪欲な彼らの話を聞いて、彼らの助けるのに飽き飽きした。
だから、話はもう聞かない。
一番、効きそうな薬を与えることにした。」
(私の覚えている限りの台詞であって、引用したものではない。)

顔も身体も真っ白。
病的。
シュール、シュールと、音がする。

いやぁ、ロイ・アンダーソンの映画は面白い。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-02-23 21:25 | スウェーデン

Sånger från andra våningen

e0158616_22504596.jpg
邦題:散歩する惑星
原題:Sånger från andra våningen (英:Songs from the second floor)
監督:Roy Andersson
製作:2000 (スウェーデン&ノルウェー&デンマーク)
DVD:散歩する惑星 愛蔵版 [DVD]

鞭打ちマーチ等、「スウェーデンっぽいな…」と思ったら、
その通りだった。
(巨匠の作品とは、イザ知らず。)

メッセージ性の強い映画。
意味不明だけれど。

お洒落。
私、こういうのテイスト、好きだな。
[PR]
by sakonia73cinema | 2009-01-09 22:51 | スウェーデン

Den Goda Viljan

e0158616_7462693.jpg
邦題:愛の風景
原題:Den Goda Viljan (英:The Best Intentions)
監督:Bille August
製作:1992 (スウェーデン)
DVD:愛の風景

イングマール・ベルイマンが、
彼の両親について書いた脚本を映画化。

孤独、葛藤、否定、エゴ、そして愛。
そういったものがベルイマンのテーマだと思うが、
とても難解。
この映画はそれらを理解するのを助けてくれると思う。
ベルイマンの「ダークサイド」が垣間見られた気がする。

加えて。
パートナーとの間に育む大切な何か…。
人智を超えて、超えるための出逢い。
とても美しい。

家宝級的映画。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-12-26 07:45 | スウェーデン

キッチン・ストーリー

e0151802_10424969.jpg
邦題:キッチン・ストーリー
原題:Salmer fra Kjøkkenet
監督:Bent Hamer
製作:2003年 (ノルウェー&スウェーデン) 
DVD:キッチン・ストーリー

スェーデンの映画と聞いて
とても楽しみにしていた。
期待は見事に充たされた!!
とっても、キュートなお話。
加えて、とっても、深い。

スェーデンとノルウェーの関係も慮ることができる。
その点も素晴らしい。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-09-30 17:10 | スウェーデン

Gycklarnas afton

e0158616_10402538.jpg
邦題:?
原題:Gycklarnas afton (英:Sawdust and Tinsel)
監督:Ingmar Bergman
製作:1953 (スウェーデン)
DVD:Sawdust & Tinsel (Sub)

久々にBergman。
陰気な鬱さの中に、道化師。
Bergmanそのものの作品。

メッセージ性がないのか、あるのか?
それを推測したくなるのが彼の作品が私を見せる理由の一つ。

そして、鑑賞後、決まって、疲労困憊。
はぁぁぁ。疲れた。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-07-31 10:35 | スウェーデン

Antonia's Line

e0151802_16122322.jpg
原題:Antonia
監督:Marleen Gorris
製作:1995 (デンマーク)

デンマークの農村。
一見、男尊女卑、家族主義、宗教色強しの保守的な
典型的な農村。
Antoniaの帰郷と共にそれが一転(したのかな?)。

日々の流れ、季節の流れ、時代の流れ…。
時間が淡々と、でも能動的に流れるのが描かれる。
そこには、いつでも生と死がある。
それは、誇大にせず、コミカルに描かれる。

とても良い映画。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-06-06 17:19 | スウェーデン

マンダレイ

e0151802_1150449.jpg
邦題:マンダレイ
原題:Manderlay
監督:Lars von Trier
製作:2005 (デンマーク)
DVD:マンダレイ デラックス版

内容に対する感想は、
「まぁ、なきにしもあらず」やな。

私。酔って上で鑑賞したこともあり、
途中で寝ました。
ははは。

'The 5 obstructions'を鑑賞中も寝ました。
ははは。
良い映画だとわかっていながらも、
面白いので是非観たいと思っているにも拘わらず、
眠ってしまう。
生理的に何かが合わないのかも。
でも、レビューで好評の前作『ドッグヴィル』は
もっといいのかも。観てみたい。

あ。justificationさせて下さい。
この映画の監督の別の作品である、
『奇跡の海('The Breaking Waves')は、
全く転寝する要素は無しです。
私の映画鑑賞史で、ベスト映画5には入るもの。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-04-08 17:20 | スウェーデン

Brødre

e0151802_21162112.jpg
邦題:ある愛の風景
原題:Brødre
監督:Susanne Bier
製作:2004 (デンマーク)
DVD:ある愛の風景 スペシャル・エディション

題材が題材だけに、
「ドキュメンタリー?」と思ってしまう。
アッラーの風刺がといい、
デンマークは良くも悪くも、チャレンジャーだと思う。

映画は、少々、物足りないかな?
話の途中で終わってしまった感がある。
もったいない。

弟Jannik(Nikola Lie Kaas)。
カッコいい。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-03-20 17:22 | スウェーデン

Elsker dig for evigt

e0151802_21241699.jpg
邦題:しあわせな孤独
原題:はElsker dig for evigt (英:Open Hearts)
監督:Susanne Bier
製作:2002 (デンマーク)
DVD:しあわせな孤独

デンマークの映画だと聞いて期待たっぷりで鑑賞。
全く期待を裏切らなかった。
内容良し。演技良し。音楽良し。
素敵に、優れた、素晴らしい映画。
Super!!

原題は'Elsker dig for evigt'。
邦題は『しあわせな孤独』。
英題は、'Open Hearts'。

私の解釈では英題の'Open Hearts'の方が近いかな?
邦題は…よくわからない。
原題はどういう意味なのか、とても気になる。

「結婚の約束をしたほど愛し合っていたのだから…」とか、
「子供が3人いるのだから…」とか、
「…だから、~なければならない」がないから、
「地獄の果てまでついていくわっ」といった
お涙頂戴、演歌調ではないのが、イイ。

かといって、そこに葛藤がないわけではない。
状況をありのままに受け止めて、
情況に素直に任せる。
瞬間瞬間が、とても切実に流れていく。

本当に良い映画。
大大大推薦。
[PR]
by sakonia73cinema | 2008-03-16 17:23 | スウェーデン